メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オリパラ for キッズ

/62 レジェンド編 車いすバスケ 京谷和幸さん 出会いから新しい夢へ

[PR]

 京谷和幸きょうやかずゆきさんは、小学しょうがくねんせいからサッカーをはじめました。将来しょうらいゆめは「サッカー選手せんしゅ」。地元じもと強豪きょうごう室蘭大谷むろらんおおたに高校こうこうすすみ、全国大会ぜんこくたいかい出場しゅつじょうしました。

 1990ねんには実業団じつぎょうだんチームの古河ふるかわ電工でんこう入部にゅうぶ。93ねんにはJリーグがはじまり、ジェフユナイテッド市原いちはら現在げんざいのジェフユナイテッド市原いちはら千葉ちば)の中盤ちゅうばんささえる選手せんしゅとして期待きたいされていました。

    ◇  ◇  ◇

 Jリーグ開幕かいまくからはんとしの11がつ28にちくるま運転中うんてんちゅうしてきたくるまをよけようとしてハンドルをり、電柱でんちゅう衝突しょうとつしました。婚約者こんやくしゃ陽子ようこさんといっしょに結婚式けっこんしき衣装いしょうえらびをするでした。

 事故じこ脊髄せきずいきずつき、くるまいすでの生活せいかつに。退院後たいいんご陽子ようこさんのすすめでくるまいすバスケットチーム「千葉ちばホークス」をとき興味きょうみがわきました。

 練習れんしゅうはじめたころは、車輪しゃりんはげしくうごかしてくるまいすをあやつるため、かわがむけることもありました。それでも、どもや友人ゆうじんたちの存在そんざい刺激しげきとなり、くるまいすバスケでの活躍かつやくあらたな目標もくひょうになりました。

    ◇  ◇  ◇

 パラリンピックには、2000ねんシドニー大会たいかいから4大会たいかい連続れんぞく出場しゅつじょうたします。サッカーでの経験けいけんかしながら、ディフェンスの中心選手ちゅうしんせんしゅとして活躍かつやくしました。引退後いんたいごはサッカー、くるまいすバスケットボールの指導者しどうしゃとして活躍かつやくしながら、どもたちへの講演こうえん活動かつどうにもちかられています。ゆめち、出会であいを大切たいせつにし、感謝かんしゃするこころつことをどもたちにつたえています。【まとめ・武本たけもと亮子りょうこ


 ◆忍法帳にんぽうちょう

脊髄損傷せきずいそんしょうとは

 わたしたちのからだは、のうからの指令しれいをもとにうごいています。脊髄せきずいは、のうからからだへの指令しれいつたえる役割やくわりになっています。交通事故こうつうじこやスポーツの事故じこ脊髄せきずいきずつくと、きずついた部分ぶぶんからさき運動うんどう機能きのう感覚かんかくがまひします。完全かんぜんなおすための有効ゆうこう治療ちりょうほうつかっていないため、さまざまな研究けんきゅうすすめられています。


プロフィル

 1971ねんまれ、北海道室蘭市ほっかいどうむろらんし出身しゅっしん。パラリンピックの出場しゅつじょう大会たいかいでは北京大会ペキンたいかい最高さいこう北京ペキン大会たいかいでは日本選手団にっぽんせんしゅだん主将しゅしょうつとめました。日本にほんサッカー協会きょうかい公認こうにんきゅうコーチライセンスもっています。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋の名東区役所職員刺される 刺した60代を殺人未遂容疑で現行犯逮捕 愛知県警

  2. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  3. 講演で「トイレ汚い」きっかけ 大間々駅前のトイレ清掃 23年間休まず1200回

  4. 「死に追いやってしまった」「逮捕されるのが怖い」 木村花さん誹謗中傷 加害者の心情

  5. 小池氏「むしろ国の問題」 感染再拡大、菅長官の東京問題発言に不快感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです