メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱血!与良政談

早期解散説の正体=与良正男

 新型コロナウイルスの感染収束が全く見通せないというのに、衆院の解散・総選挙話が与野党議員の間で取りざたされ始めた。

 最も早い日程が、安倍晋三首相が今秋、臨時国会を召集し、直後に衆院解散に踏み切るのではないかという見方だ。

 首相は6月30日、早期解散論者の麻生太郎副総理兼財務相と官邸で会った。2人が会うのは6月は計8回。かねて首相は解散や内閣改造の節目で麻生氏に相談してきた。で、今度も会うこと自体が「秋解散」説に拍車をかけている。

 一方で、年内は臨時国会は開かないという見方も与党内に根強い。先の通常国会で成立した2次補正に10兆円もの予備費を計上したのは、当面国会を開かないでも済むようにしたためだとされる。

この記事は有料記事です。

残り629文字(全文936文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日医会長「訪日外国人患者受け入れ、可能ではない」東京オリンピック開催に厳しい見方

  2. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

  3. 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 自民・石原伸晃元幹事長が新型コロナ感染 派閥領袖で初めて

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです