メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 江戸時代末、幕府は品川沖に11基の大砲用台場の築造を決定した。5基が完成したが、1基は途中で止まり、残りの建造は中止となった。理由は資金の不足とも自在に動く蒸気艦隊に定位置の大砲は効果がないと分かったからともいわれるが、日米修好通商条約締結で結局必要なくなった。この不平等条約から考えると、やはり台場の大砲に威力はなかったのだろう。技術的進歩と国際関係の変化が、武器の製造や購入にかける巨額の費用を無用なものにする。江戸幕府はそれを知ったのである。

 イージス・アショアの配備計画が停止された。事実上の白紙撤回という。迎撃ミサイルのブースター部分を海上や自衛隊演習場内に落とせない、という技術的問題が見つかったからだとされる。地元に説明したデータもずさんで、経費も膨らみ、使用開始も延期されていた。中止は賢い判断だと思う。

この記事は有料記事です。

残り423文字(全文784文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相「翌月」を「翌日」 コロナ対策本部でまた言い間違え

  2. 文科省、個別入試の中止・変更をけん制 全大学に「慎重な検討」促す

  3. 日医会長「訪日外国人患者受け入れ、可能ではない」東京オリンピック開催に厳しい見方

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです