メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

定型の窓から

時事を詠むのか否か=片山由美子

 多くの新聞には短歌・俳句の投稿欄がある。毎週これを見ていると、昨今目立つのはやはり新型コロナウイルス関連の投稿だが、短歌と俳句ではかなり違いがある。そこで思い出すのは、かつての機会詩論争だ。

 機会詩は、ドイツ語の訳語である。17~18世紀に眼前の事象を即興的にうたう詩として生まれたとのことだが、短歌・俳句で機会詩と呼んでいるのはそれとは少し違う。

 機会詩ということばを聞くようになったのは、湾岸戦争や米国の同時多発テロ事件の頃からだ。特に後者の衝撃的な映像がテレビ画面に映し出されたとき、新聞の短歌投稿欄にはすぐ反応があった。信じられないような光景を目にした驚きや怒り、悲しみが短歌欄に溢(あふ)れたのである。

この記事は有料記事です。

残り981文字(全文1288文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優・武田真治さんとモデル・静まなみさんが結婚

  2. 東京都で新たに100人以上感染 5月2日以来の3ケタ

  3. 「党員獲得どころじゃない」 河井夫妻「1億5000万円」 自民総務会で不満噴出

  4. 関東・東海上空に火球 2日未明、目撃相次ぐ 「爆発音聞こえた」

  5. 探して!らき☆すたマンホール 合併10年、埼玉・久喜のどこかに設置

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです