メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 新型コロナウイルスの影響で、海外ロケができなくなりました。私がナレーションをしている番組も、もう何カ月もロケに行っていません。これまで担当ディレクターたちは、1年に何度も海外のへき地に行き、スケジュールに文句を言いながらも、いつも目を輝かせて話をしてくれました。今はまるで、陸に上がったカッパのごとし。

 肝心の番組がどうなっているかというと、当初は撮りためたVTRでしのぎ、それが無くなると放送済みのネタの素材を再編集。それも底を突き、過去の放送回の再放送かということになりました。しかし再放送は、ちょっと面倒なことに。コロナ前と後で違いが一目でわかるようになり、結果、視聴者は「映像の古さ」を瞬時に見抜くようになってしまったのです。

この記事は有料記事です。

残り532文字(全文850文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優・武田真治さんとモデル・静まなみさんが結婚

  2. 探して!らき☆すたマンホール 合併10年、埼玉・久喜のどこかに設置

  3. 失業給付の増額を 困っている人を助けるのが政治の使命

  4. 「党員獲得どころじゃない」 河井夫妻「1億5000万円」 自民総務会で不満噴出

  5. 関東・東海上空に火球 2日未明、目撃相次ぐ 「爆発音聞こえた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです