メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

「仙台判決より後退」 札幌原告団 違憲判断示さず「残念」 /北海道

 旧優生保護法の下で強制された不妊手術を巡る国家賠償請求訴訟で、東京地裁が違憲判断をせず原告側敗訴の判決を出した30日、札幌の原告団は、一連の訴訟で初めて違憲判断を示した仙台地裁判決(2019年5月)よりも「後退した」と落胆した。

 札幌地裁で係争中の小島喜久夫さん(79)は記者会見で「私たちがされたことを本当に信じているのだろうか。裁判官には公平な目で見てほしかった。残念」と肩を落とした。

 仙台地裁判決は「個人の尊厳を踏みにじった」として、旧優生保護法は幸福追求権を保障する憲法13条に違反すると判断した。しかし、30日の東京地裁判決は手術から20年以上が経過しており賠償請求権が消滅しているとして棄却し、違憲かどうかについては判断を示さなかった。

この記事は有料記事です。

残り195文字(全文521文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪で新たに151人コロナ感染 重症者は70人で過去最多

  2. 「逮捕は時間の問題」「抗議運動、続けていく自信はある」香港の民主活動家・黄之鋒氏 覚悟を語る

  3. 渡辺が初の名人位奪取 4勝2敗で豊島降す 現役最多の3冠に

  4. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  5. 天然アユ食べて健康な目に 病気予防の色素豊富 岐阜薬科大グループ発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです