メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三沢基地 米軍司令官が離任 知事表敬「安全努めたい」 /青森

三村申吾知事(右)に離任のあいさつに訪れたクリストファー・ストルービ大佐=青森市の県庁で

 米軍三沢基地(三沢市)で司令官を務めるクリストファー・ストルービ大佐が30日、県庁を訪れ、三村申吾知事に離任のあいさつをした。同基地所属のF16戦闘機が昨年11月に六ケ所村の民有地に模擬弾を誤って落下させたことにも言及し、「地域の人々が安全安心に生活できるように努めたい」と話した。

 ストルービ大佐は、三沢基地で過去2回の勤務経験があり、司令官を務めた約2年を含め足かけ8年間、同基地で過…

この記事は有料記事です。

残り293文字(全文488文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宇都宮のコンビニで女性刺され重体 店員か

  2. 国は我々の死を待っているのか 「黒い雨」訴訟原告 怒りと落胆

  3. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  4. 宇都宮のコンビニで45歳刺され死亡 刺した男は自分も刺し負傷

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです