連載

ひとinぐんま

毎日新聞デジタルの「ひとinぐんま」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

ひとinぐんま

上野三碑かるたの原画を担当 塚越潤さん(67) ぱっと浮かぶ風景、絵札に /群馬

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
塚越潤さん
塚越潤さん

 高崎市美術館の館長。今春完成した「上野三碑(こうずけさんぴ)かるた」で44枚の絵札すべてを一人で描いた。「わかりやすく、覚えやすく、色がきれいな絵を心がけた」と振り返る。

 上野三碑は、ユネスコの「世界の記憶」(世界記憶遺産)に登録された古代石碑群。絵札の原画を打診され、「120%の力を出さないとできない」と気を引き締めた。

 念頭に置いたのは「上毛かるた」だ。「県民にとって、上毛かるたは読み札と絵札がすぐに一致する。例えば『伊香保温泉 日本の名湯』と聞けば、温泉街の石段の絵札がぱっと頭に浮かぶ。そんな絵を目標にした」

この記事は有料記事です。

残り502文字(全文763文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集