メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひとinぐんま

上野三碑かるたの原画を担当 塚越潤さん(67) ぱっと浮かぶ風景、絵札に /群馬

塚越潤さん

 高崎市美術館の館長。今春完成した「上野三碑(こうずけさんぴ)かるた」で44枚の絵札すべてを一人で描いた。「わかりやすく、覚えやすく、色がきれいな絵を心がけた」と振り返る。

 上野三碑は、ユネスコの「世界の記憶」(世界記憶遺産)に登録された古代石碑群。絵札の原画を打診され、「120%の力を出さないとできない」と気を引き締めた。

 念頭に置いたのは「上毛かるた」だ。「県民にとって、上毛かるたは読み札と絵札がすぐに一致する。例えば『伊香保温泉 日本の名湯』と聞けば、温泉街の石段の絵札がぱっと頭に浮かぶ。そんな絵を目標にした」

この記事は有料記事です。

残り502文字(全文763文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優の渡哲也さん死去 78歳 ドラマ「西部警察」 「くちなしの花」ヒット 石原プロ前社長

  2. 吉永小百合さん「泳いで恒彦さんのところに…」 渡哲也さん死去

  3. ORICON NEWS AKB48・大家志津香、新型コロナウイルス感染 自宅療養中、濃厚接触メンバーはおらず

  4. 沖縄知事 国にコロナ水際対策強化要望 航空便搭乗前にPCR検査求める

  5. 混乱続く国民「分党劇」 背景に代表と幹事長の合流巡る対立 地方は恨み節

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです