連載

コロナ禍を生きる

毎日新聞デジタルの「コロナ禍を生きる」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

コロナ禍を生きる

働くママ、オンラインで応援 飯綱町iフェス 中止一転、12日配信 /長野

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
飯綱町iママフェスタをPRする飯綱町職員(右)と運営事務局のスタッフ=長野県飯綱町牟礼の町ワークセンターで
飯綱町iママフェスタをPRする飯綱町職員(右)と運営事務局のスタッフ=長野県飯綱町牟礼の町ワークセンターで

 飯綱町は「日本一女性が住みたくなる町」を目指し、子育て中の母親の就労支援を柱の一つに据えた街づくりを進めている。新型コロナウイルスが流行し、地域を巻き込んで働く母親を応援する恒例のイベント「飯綱町iママフェスタ」(飯綱町・町教育委員会主催)は中止を一時検討したが、一転オンラインでの開催に踏み切った。【坂根真理】

 飯綱町iママフェスタは、子育て中の母親が自分らしい働き方を見つけられるよう「好きなことを仕事にしているママたち」の多様なビジネスを知ったり触れたりできるイベントで、2017年にスタート。「プチ起業」している母親らが作ったアクセサリーや菓子などの対面販売、スポーツや親子クッキングなど多彩に催し、町内外から約1600人が訪れた年もあった。

この記事は有料記事です。

残り733文字(全文1059文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集