メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 「残酷マラソン」大会中止を発表 香美 /兵庫

[PR]

 香美町の「みかた残酷マラソン全国大会」の実行委は6月29日、新型コロナウイルスの影響で、いったん同14日から11月15日に延期していた大会を中止すると発表した。エントリー情報は2021年大会に引き継ぎ、参加できない人には参加料(3800円)から手数料などを引いた3000円を現金書留で返金する。

 大会は24キロハーフで、高低差が408メートルあるため「残酷」と命名された。28回目となるはずだった今年は、北海道から鹿児島県まで2327人がエントリーしていた。

 返金の受け付けは1日~9月30日。参加者の追加募集は21年2月中旬から。

 実行委は「感染対策で多くの規制があり、大会の一番の魅力である『地元民総出のおもてなし』ができないため、苦渋の決断をした」と説明した。問い合わせは実行委(0796・97・3966)。【村瀬達男】

〔但馬版〕

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優・武田真治さんとモデル・静まなみさんが結婚

  2. 探して!らき☆すたマンホール 合併10年、埼玉・久喜のどこかに設置

  3. 失業給付の増額を 困っている人を助けるのが政治の使命

  4. 「党員獲得どころじゃない」 河井夫妻「1億5000万円」 自民総務会で不満噴出

  5. 関東・東海上空に火球 2日未明、目撃相次ぐ 「爆発音聞こえた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです