メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

農の歳時記

JA紀の里 「日川白鳳」出荷始まる 甘み強く、果汁たっぷり /和歌山

 西日本最大級の桃の産地、JA紀の里(本所・紀の川市)管内で、早生(わせ)の主力品種「日川白鳳」の出荷が6月19日、始まった。関西市場を中心として、全国に350トンの出荷を見込む。ファーマーズマーケット「めっけもん広場」「OINACITY」「根来さくらの里」や各直売所でも販売される。

 「日川白鳳」は甘みが強く、果汁の多さが特徴。本年度産は開花前に気温が高く、前年より2日早く開花始期を迎えた。4月中旬からは、気温低下に伴い生育が遅れたため、出荷時期は平年並となった。収穫…

この記事は有料記事です。

残り355文字(全文591文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  2. 最速154キロでも公式戦出られず 異例の「準硬式」投手にスカウト注目

  3. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

  4. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  5. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです