新型コロナ 福大病院 エクモセンター設立 重症患者治療、人工心肺装置 /福岡

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ECMO(エクモ)について説明する星野耕大・ECMOセンター副センター長
ECMO(エクモ)について説明する星野耕大・ECMOセンター副センター長

 新型コロナウイルスの重症患者の治療に使われる人工心肺装置「ECMO(エクモ)」が必要な呼吸不全患者らを積極的に受け入れるため、福岡大病院(福岡市城南区)は1日、ECMOセンターを設立する。治療技術の向上と、県内外の医療機関も含めた人材育成も併せて目指す。

 同病院は新型インフルエンザの流行を機に、約10年前から欧州の大…

この記事は有料記事です。

残り240文字(全文400文字)

あわせて読みたい

ニュース特集