メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水説

納税もどき・寄付もどき=古賀攻

 <sui-setsu>

 「ふるさと納税」の周りには悪魔がたむろしている。

 「どうせ取られる税金なんだから、仲介サイトでいろんな商品をゲットして賢く納税しろよ」

 「NPOなんかに寄付するよりも『戻し』の条件がいいから。自腹はたった2000円だぜ」

 「金持ちには特にお得な制度になってるよ。あんたが高額納税者だったらやんなきゃ損さ」

 こんな身もふたもない悪魔のささやきを大音量でとどろかせてきたのが、大阪府の泉佐野市だ。昨年2月にはアマゾンギフト券を使った「『100億円還元』閉店キャンペーン」を展開、自治体とは思えぬどぎつさを見せた。

この記事は有料記事です。

残り763文字(全文1030文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 関東・東海上空に火球 2日未明、目撃相次ぐ 「爆発音聞こえた」

  2. 愛媛の「聖地」で誓った2人の愛 南京錠7000個のその後は… 撤去から1年

  3. 東京都で新たに100人以上感染 5月2日以来の3ケタ

  4. 「党員獲得どころじゃない」 河井夫妻「1億5000万円」 自民総務会で不満噴出

  5. コロナ感染止まらぬ新宿・歌舞伎町 区長はすがる思いで大物ホストの携帯を鳴らした

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです