メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

新型コロナ 「家族」を考える

 布マスクは1世帯2枚。10万円の給付金は世帯主に。家族以外の多人数での会食は自粛しよう……。新型コロナウイルス対策では個人ではなく、家族単位の政策が目立った。一斉休校やリモートワークが広がり、家族の時間も大幅に増えた。コロナ禍の「ステイホーム」が浮き彫りにした「家族」の問題を改めて考える。

 外出自粛期間中、沖縄県内の子どもがいる若い母親11人と連絡を取っていた。ぎりぎりの生活の彼女たちを「家族」に縛り付けることが、いかに無謀かと強く感じた。

 彼女たちは、現在行っている県内の「若年出産女性調査」に応じた65人のうちでも、特に高いリスクを抱えている。経済的不安は共通だが、自分の母親と関係が悪い人は、輪をかけてしんどい。育児を手伝ってくれなかったり、過干渉が精神的負担になったりするだけではない。問題は、特に金銭面だ。娘の給料をすべて親が巻き上げている例もある。

この記事は有料記事です。

残り4077文字(全文4460文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋の飲食店、新たに4人感染 クラスターの可能性、市検査 新型コロナ

  2. 帝国劇場が4公演中止 従業員が新型コロナ感染

  3. GoToトラベル、東京除外 都発着旅行や在住者 国交相、運用見直し表明

  4. 新型コロナ 「ぜひ旅行なさって」 「GoTo」に横浜市長 /神奈川

  5. 「今、藤井聡太の将棋が面白い」 中原誠十六世名人が見る新棋聖

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです