メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

香港「天安門記念館」危機 中国民主化拠点、国安法対象可能性

香港の「天安門事件記念館」には、犠牲となった学生らの遺品や当時の写真などが展示されている=香港で2020年6月26日午後1時24分、福岡静哉撮影

 香港で中国の民主化運動を進める拠点の一つとなってきた「天安門事件記念館」が存続の危機に立たされている。開館を続けること自体が、国家安全維持法(国安法)の刑罰の対象の一つである「中央政府転覆」の試みとみなされる恐れがあるためだ。記念館には事件で殺害された学生の遺品などが展示され、6月30日も多くの市民が訪れたが、運営団体の幹部は「閉鎖に追い込まれるかもしれない」と懸念している。

 中国・北京では1989年6月4日、中国人民解放軍が出動し、民主化を求める学生たちを武力弾圧した「天安門事件」が起きた。香港でも当時、北京の学生たちを支援する150万人規模のデモが起きた。記念館の運営団体「香港市民愛国民主運動支援連合会」(支連会)は、このデモを機に結成された。共産党による一党体制の「終結」を掲げ、事件後も中国の民主化を目指して活動を続けてきた。

この記事は有料記事です。

残り542文字(全文914文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. 自公、幹部の銀座クラブ出入りで危機感 野党「店罰して議員罰しないのは言語道断」

  4. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

  5. 記者のこだわり 他殺か、中毒死か ピンクに染まった遺体の歯は何を語っているのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです