メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

農村に人を呼び込む新たな方法=農業ジャーナリスト・青山浩子

 新潟県妙高市に坂口新田という30戸弱が暮らす中山間地の集落がある。2000年を過ぎたころ、農業を諦める人が増え、農地の一部が荒れるようになった。標高400~500メートルの斜面に沿った狭い田んぼでは機械作業も容易でない。「やがて集落から農業がなくなる」と地元農家の後藤正直さん(66)らは危機感を募らせた。

 その後、小さな田んぼを1枚にまとめるなど、ほ場整備事業が13年から6年間行われ、稲作の労働時間は8割減った。余剰労働力は、野菜生産やワイン用ブドウの栽培にあてた。女性陣は漬物を作って直売所に出荷、コメの一部は商社経由でハワイに輸出される。耕作放棄はほぼなくなり、20ヘクタール余の農地の大半は、後藤さんが副代表を務める農事組合法人坂口げんき農場が担う。

この記事は有料記事です。

残り381文字(全文712文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  2. 西鉄甘木線で冠水、宮の陣ー甘木間運休 運行再開のめど立たず 福岡

  3. なぜ検察は現金受け取り側を立件しないのか 河井夫妻起訴を可能にした「取引」と執念

  4. 3歳娘放置死 逮捕の母は5月にも交際男性と旅行 日常的に育児放棄か

  5. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです