メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビー サンウルブズ活動終了 プロで再始動 安定捨て夢へ突進 近鉄・竹田宜純(29)

 ラグビーの南半球最高峰リーグ「スーパーラグビー(SR)」に日本から参戦したサンウルブズ。新型コロナウイルスの影響で、シーズン途中にチームとしての活動が事実上終わり、選手には酷な結果となった。6年間所属したトップリーグ(TL)・トヨタ自動車を退団し、今季から加入したバックスの竹田宜純(29)もその一人。大企業の社員という身分を捨てて挑んだ舞台も志半ばで終わったが、「選んだ道に後悔はない」。3人の子を持つ父であるラガーマンは気持ちを切り替え、プロ選手として再始動する。

 3月に行われたSR第6節ブランビーズ戦。当初は東大阪市花園ラグビー場で開催予定だったが、日本での新型コロナの感染拡大により、オーストラリアで開かれた。FBで先発した竹田は念願のSRデビューを飾る。試合は14-47で敗れたものの、「最初は緊張してミスばかりだったが、ランニングで通用した部分はあった。意外とできるなと」。テレビで見る存在だったスター選手と相対し、新たな可能性を感じた。

この記事は有料記事です。

残り888文字(全文1315文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  2. 3歳娘放置死 逮捕の母は5月にも交際男性と旅行 日常的に育児放棄か

  3. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

  4. なぜ検察は現金受け取り側を立件しないのか 河井夫妻起訴を可能にした「取引」と執念

  5. 「金まみれの選挙」に混乱続く広島県政界 辞めない受領側議員の言い訳

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです