メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球 巨人5-2DeNA 岡本、同点バースデー打 祝砲5号も4番の自覚

 巨人が逆転勝ち。1点を追う六回、岡本、パーラの適時打で逆転。八回には丸と岡本のソロ本塁打で突き放した。戸郷は尻上がりに調子を上げ、七回途中2失点で2勝目。DeNAは2番手の国吉が踏ん張れなかった。

 開幕から好調の巨人の4番・岡本が、DeNAとの首位攻防初戦でも、存在感を発揮した。同点適時打に3試合連続のアーチで、自らの誕生日を祝った。

 1点を追う六回1死一、二塁。外の変化球に何とかバットを合わせると、打球は右翼線ギリギリに落ちる同点適時打となった。「食らいついた結果。心の底から『切れるな』と思った」。反撃ムードを高める「巧打」に控えめに拳を上げた。

この記事は有料記事です。

残り531文字(全文809文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優・武田真治さんとモデル・静まなみさんが結婚

  2. 探して!らき☆すたマンホール 合併10年、埼玉・久喜のどこかに設置

  3. 失業給付の増額を 困っている人を助けるのが政治の使命

  4. 「党員獲得どころじゃない」 河井夫妻「1億5000万円」 自民総務会で不満噴出

  5. 関東・東海上空に火球 2日未明、目撃相次ぐ 「爆発音聞こえた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです