メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

都内感染者が連日50人超でも野党が政府を攻めあぐねる理由 「ゼロ回答」に得点なし

衆院厚生労働委員会で答弁する尾身茂・地域医療機能推進機構理事長(左)。右は加藤勝信厚労相=国会内で2020年7月1日午前11時1分、竹内幹撮影

 立憲民主党など野党は1日、衆院厚生労働委員会の閉会中審査で、政府の新型コロナウイルス対策を追及した。東京都内の新規感染者数が連日50人を超える状況での「東京アラート」の運用取りやめなどを巡り、「都も政府も新たな措置をとっていない」などと批判。5日投開票の都知事選や次期衆院選を意識して攻勢を強める構えだったが、追及は空回り気味だった。そのわけとは――。

 「東京五輪の延期が決まった翌日に都は外出自粛を要請し、東京アラートは都知事選の告示前に解除された。知事選の真っ最中は、自粛要請をかけない、どう思うか」。国民民主党の岡本充功氏はこの日の質疑で、自粛要請などを再度検討すべきだと訴えた。

 厚生労働省の担当者は「(…

この記事は有料記事です。

残り839文字(全文1146文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡・大濠公園にイノシシ 警官ら大捕物、逃走後「御用」に

  2. 芸能人のPCR検査早い理由「今後番組で話します」 志らくさんが陰性報告

  3. うがい薬でコロナ重症化抑制? 大阪知事が使用呼びかけ 専門家は懸念「害になりかねない」

  4. 吉村知事「うそみたいな本当の話」 うがい薬の使用呼びかけ、主な一問一答

  5. 緊急事態、愛知県が独自宣言 6~24日 不要不急の県境移動自粛を要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです