メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

EUが入域規制の解除で合意 日本など14カ国対象

ブリュッセルの欧州委員会本部ビル=八田浩輔撮影

[PR]

 欧州連合(EU)は6月30日、日本を含む14カ国を対象に、新型コロナウイルス対策の入域規制を解除することで合意した。開始日は7月1日を基本方針とするが、受け入れの可否や入国後の隔離措置などの具体的な対応は、出入国管理の権限があるそれぞれの加盟国が判断する。

 解除の対象となったのは、日本のほかオーストラリア、カナダ、ニュージーランド、韓国、タイなど14カ国。中国については、EUからの渡航者を受け入れる場合は対象に含めるとした。人口あたりの感染者数がEU平均を下回っていることなどを条件としており、米国やロシアなどは除外された。対象国のリストは2週間おきに更新する。

 EUの域内総生産(GDP)の1割を占める観光業は深刻な打撃を受けている。夏の観光シーズンを控え、感染状況が安定する国から規制を解除し、経済の再生につなげたい考えだ。

 EUは新型ウイルスの感染拡大を受けて3月半ば以降、域外からの渡航を原則禁止してきた。EU域内については、6月中旬から段階的に自由な往来が可能になっている。【ブリュッセル八田浩輔】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「GoTo」反対署名、5日間で9万人超 「その予算を医療現場や被災地に」

  2. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  3. 丸岡いずみさん、コロナ陽性で入院 夫の有村昆さんがクラスター発生の劇場で感染

  4. 政権がGoToを強行する理由 アクセルとブレーキ同時に踏む「むちゃ」

  5. 稲田氏ピンチ リベラル色の女性政策に保守派から「ついていけない」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです