メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台湾が香港人の移住受け入れ策 専門窓口を設置 「実際的な支援と協力を」

台北市内に1日、オープンした香港人支援窓口「台港服務交流弁公室」=台北市で2020年7月1日、陳瑞涓撮影

 台湾の蔡英文政権は1日、政治的な理由で台湾への移住を希望する香港人を受け入れるための専用窓口を設置した。香港市民の統制を強化する国家安全維持法の施行を受け、台湾への移民希望者が急増することを見据えた措置。蔡総統は「我々は、香港の自由と民主に対する中国の継続的な侵害を強く非難するだけでなく、香港人に最も実際的な支援と協力をする」と表明している。

 2019年6月に香港で反政府デモが本格化して以降、台湾にはこれまでも200人以上の若者らが香港から逃げてきている。19年の香港人への居住許可件数も前年比で約4割増えた。台湾では香港民主派と連携を求める機運が高まっており、教会や民間団体が香港人を支援してきた。デモの最前線に加わり、警察から逃れるため19年に台湾に事実上亡命した20代の香港人男性は毎日新聞の電話取材に「台湾政府の姿勢に感謝している」…

この記事は有料記事です。

残り124文字(全文497文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  2. 新種昆虫に“中村哲医師” エジプト人研究員が命名提案 「功績を知って」

  3. 出た!大阪・梅田で人骨1500体超 別の場にもウメタ?埋葬想定より遅い江戸~明治

  4. 特集ワイド 星野佳路さんのコロナ時代の旅 「安・近・短」で地元活性 海外旅行需要、国内に転換

  5. 無銭飲食、中洲のVIPルームでドンペリなど110万円 39歳容疑者逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです