メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

香港国安法で警察に新たな「武器」 違反恐れぬ市民、ますます強硬姿勢に

国家安全維持法を批判するプラカードを手に行進する市民=香港・銅鑼湾で2020年7月1日、福岡静哉撮影

 6月30日深夜に反体制活動などを取り締まる国家安全維持法(国安法)が施行された香港。1日には中心部で大規模デモが呼びかけられたが、新たな「武器」を手にした警察は、今まで以上の強硬姿勢を見せた。「今こそ革命の時だ」。参加者は「国安法違反」への恐怖心を振り払い、そう叫びながら行進した。

 繁華街・銅鑼湾。「国家分裂や中央政権転覆に該当し、国安法違反罪で逮捕される可能性がある」。そう書かれた真新しい紫色の警告旗を機動隊が掲げた後、「香港独立」と記した旗を手にした男性がその場で逮捕された。国安法の施行からわずか半日あまりで、初の逮捕者が出た。

 香港の検察と警察当局は既に国安法を執行するための専門機関を設置。当局は声明で「国安法に基づき、逮捕やその他の法執行を行う」と表明し「香港独立」や中央政府を批判する市民に対し逮捕も辞さない構えを示していた。

 国安法の施行で市民の間には萎縮ムードも漂うが、銅鑼湾地域には大勢の市民が集まった。女子大学生(22)は「怖いが、怒りを我慢できず、ここに来た」と話した。

 「国安法という悪法を恐れず、中国共産党の独裁に抵抗する」「天が共産党を滅ぼす」「革命」――。さまざまなプラカードを手にし…

この記事は有料記事です。

残り1781文字(全文2292文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 新しい地図、斎藤洋介さん追悼 香取「スマスマのコントでは一緒に笑い、沢山助けて頂きました」

  2. 現場から うがい薬で「コロナに勝てる」、不十分なデータ基に会見 一府民、情報公開請求で解明 活動、ネットで広がる /大阪

  3. 全国初 レクサスパトカー GT-Rに続き会社役員が栃木県警に寄贈

  4. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

  5. 台風12号発生 今後の情報に注意呼びかけ 気象庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです