メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フェイスブックなどSNSへの広告停止広がる 世界的企業続々、人種差別投稿への厳格対応要求

米交流サイト大手フェイスブック本社=米カリフォルニア州メロンパークで2020年2月、中井正裕撮影

 米フェイスブック(FB)など会員制交流サイト(SNS)にヘイトスピーチへの厳格な対応を求める、世界的な著名企業の広告停止の動きが止まらない。業界団体の世界広告主連盟(WFA)が加盟する58企業を対象に6月30日にまとめた調査では、約3割がSNSへの広告を一時停止する可能性があることが明らかになった。

 対応は未定との回答も約4割に上るなど、広告ボイコットがさらに広がる可能性もある。一方で、人種差別問題は簡単に解決できないとして今回の広告停止の効果を疑問視する声もある。

この記事は有料記事です。

残り483文字(全文719文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優・武田真治さんとモデル・静まなみさんが結婚

  2. 失業給付の増額を 困っている人を助けるのが政治の使命

  3. 探して!らき☆すたマンホール 合併10年、埼玉・久喜のどこかに設置

  4. 「党員獲得どころじゃない」 河井夫妻「1億5000万円」 自民総務会で不満噴出

  5. 香港住民に市民権、改めて表明 ジョンソン首相、英旅券保有者に 国家安全法

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです