東海道新幹線の新型車両「N700S」デビュー 13年ぶりフルモデルチェンジ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
営業運転を開始した東海道新幹線の新型車両「N700S」=JR東京駅で2020年7月1日午前5時半、玉城達郎撮影
営業運転を開始した東海道新幹線の新型車両「N700S」=JR東京駅で2020年7月1日午前5時半、玉城達郎撮影

 東海道新幹線の新型車両「N700S」が1日、営業運転を開始した。13年ぶりのフルモデルチェンジで、防犯カメラを増設するなど安全対策が強化されたほか、横揺れ軽減装置の改良で乗り心地も向上した。JR東海は「最新の技術を結集させた」としている。

 一番列車は、東京から博多に向かう下りの始発「のぞみ1号」。東京駅には早朝から多くの鉄道ファンが集まり、ホームに止まった真新しい車両を写真に収めていた。一番列車の情報は公表されていなかったが、相模原市の会社員、田中義紀さん(47)は「『始発だろう』と勘で席を取ったら当たった。ホームに上がり、N700Sと分かった時は感動した」と大喜び。13年前の新型車両デビュー時も乗ったといい、「乗り心地や内装がどのように変化したのか…

この記事は有料記事です。

残り496文字(全文826文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集