メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東海道新幹線の新型車両「N700S」デビュー 13年ぶりフルモデルチェンジ

営業運転を開始した東海道新幹線の新型車両「N700S」=JR東京駅で2020年7月1日午前5時半、玉城達郎撮影

 東海道新幹線の新型車両「N700S」が1日、営業運転を開始した。13年ぶりのフルモデルチェンジで、防犯カメラを増設するなど安全対策が強化されたほか、横揺れ軽減装置の改良で乗り心地も向上した。JR東海は「最新の技術を結集させた」としている。

 一番列車は、東京から博多に向かう下りの始発「のぞみ1号」。東京駅には早朝から多くの鉄道ファンが集まり、ホームに止まった真新しい車両を写真に収めていた。一番列車の情報は公表されていなかったが、相模原市の会社員、田中義紀さん(47)は「『始発だろう』と勘で席を取ったら当たった。ホームに上がり、N700Sと分かった時は感動した」と大喜び。13年前の新型車両デビュー時も乗ったといい、「乗り心地や内装がどのように変化したのか…

この記事は有料記事です。

残り496文字(全文826文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  2. ORICON NEWS 香取慎吾、SNS上の誹謗中傷を捜査する刑事役「ドラマが持っている力」に期待

  3. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  4. 「こんな日が来るとは」 大相撲・大栄翔の埼玉出身力士初Vに県民歓喜

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです