東日本太平洋側で大雨警戒 2日昼前にかけ竜巻や雷など注意 気象庁

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
気象庁
気象庁

 日本海西部にある低気圧が東北東へ進み、寒冷前線が西日本付近を東へ進んでいる。低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、東日本太平洋側を中心に大気の状態が非常に不安定となり、前線の活動が活発となると予想されている。気象庁では、東日本太平洋側を中心に2日昼前にかけて、雷を伴った非常に激しい…

この記事は有料記事です。

残り227文字(全文377文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集