メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本太平洋側で大雨警戒 2日昼前にかけ竜巻や雷など注意 気象庁

気象庁

[PR]

 日本海西部にある低気圧が東北東へ進み、寒冷前線が西日本付近を東へ進んでいる。低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、東日本太平洋側を中心に大気の状態が非常に不安定となり、前線の活動が活発となると予想されている。気象庁では、東日本太平洋側を中心に2日昼前にかけて、雷を伴った非常に激しい雨や激しい雨が降り、大雨となる所があることから、土砂災害に厳重に警戒し、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫、竜巻などの激しい突風や落雷、ひょうにも注意するよう呼びかけている。

 東日本太平洋側を中心に、2日昼前にかけて雷を伴った激しい雨が降るとみられ、1日昼前にかけて局地的に非常に激しい雨が降る所もあるという。2日午前6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多い所で、東海200ミリ▽伊豆諸島150ミリ▽関東甲信120ミリ▽東北70ミリとなっている。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 二階氏サイド、自民の「習主席来日中止」決議案に猛反発 「待った」の可能性も

  2. 鹿児島、新たに30人の感染確認 28人がクラスター発生の飲食店客

  3. 首相官邸ネット発信「中の人」は電通マン 前任者も 政権のSNS戦略と深いかかわり

  4. ジャニーズJr.の福士申樹さんが新型コロナ感染

  5. コロナ感染止まらぬ新宿・歌舞伎町 区長はすがる思いで大物ホストの携帯を鳴らした

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです