中学生死亡「いじめの疑いある」 北海道・登別市教委、全校生徒調査で見解

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
13歳で亡くなった工藤虎太郎さんの祭壇。数えるほどしか袖を通すことがなかった学生服が掛けられていた=北海道登別市内で
13歳で亡くなった工藤虎太郎さんの祭壇。数えるほどしか袖を通すことがなかった学生服が掛けられていた=北海道登別市内で

 北海道登別市で6月22日に男子中学生(当時13歳)が死亡した問題で、市教委は30日、男子生徒が通う学校の全生徒に実施したアンケート結果などを基に「いじめの疑いがある」との見解を示した。生徒が「部活の人間関係で疲れていた」と教諭に話していたことも明らかになり、校長は「サインに気づけず申し訳ない」と陳謝した。【平山公崇】

この記事は有料記事です。

残り1526文字(全文1686文字)

あわせて読みたい

注目の特集