メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中学生死亡「いじめの疑いある」 北海道・登別市教委、全校生徒調査で見解

13歳で亡くなった工藤虎太郎さんの祭壇。数えるほどしか袖を通すことがなかった学生服が掛けられていた=北海道登別市内で

 北海道登別市で6月22日に男子中学生(当時13歳)が死亡した問題で、市教委は30日、男子生徒が通う学校の全生徒に実施したアンケート結果などを基に「いじめの疑いがある」との見解を示した。生徒が「部活の人間関係で疲れていた」と教諭に話していたことも明らかになり、校長は「サインに気づけず申し訳ない」と陳謝した。【平山公崇】

 市教委は、いじめ防止対策推進法が定める「重大事態」にあたると判断。7月上旬にも開く第三者委員会に諮問し、いじめの背景など事実関係を究明する。

 亡くなったのは、登別市鷲別中学1年の工藤虎太郎さん。22日午前8時ごろ、5階建てアパート内の自宅を出て、約30分後に敷地で倒れているのが見つかり、間もなく死亡が確認された。室蘭署は飛び降り自殺の可能性があるとみて捜査している。

この記事は有料記事です。

残り1341文字(全文1686文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サッシャさんも感染 山本裕典さんらの舞台で共演  出演者ら14人感染確認

  2. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  3. 北朝鮮・拉致問題 事件から40年 「悔やんでも悔やみきれない」 地村夫妻がコメント /福井

  4. 池袋母子死亡事故 現場近くに慰霊碑、除幕式 松永さん「事故のない社会に」

  5. 地村保さん死去 93歳 拉致被害者・保志さんの父

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです