渋沢栄一アンドロイド、声も本人のよう 埼玉・深谷の「記念館」で公開

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
渋沢栄一のアンドロイドを近くから見る小島進・深谷市長(左)と鳥羽博道ドトールコーヒー名誉会長(中央)=埼玉県深谷市の渋沢栄一記念館で2020年6月30日午後2時11分、中山信撮影
渋沢栄一のアンドロイドを近くから見る小島進・深谷市長(左)と鳥羽博道ドトールコーヒー名誉会長(中央)=埼玉県深谷市の渋沢栄一記念館で2020年6月30日午後2時11分、中山信撮影

 埼玉県深谷市出身の実業家・渋沢栄一(1840~1931年)を忠実に再現したアンドロイドが完成し、渋沢栄一記念館(深谷市下手計)で6月30日、報道関係者らに公開された。身ぶり手ぶりを交えながら本人らしい声で話すことができる。

 深谷市は新型コロナウイルスの影響で休館していた同記念館を7月3日から事前予約制で再開。来館者はアンドロイドによる「道徳経済合一説」の講義を聴くことができる。小島進市長は…

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文493文字)

あわせて読みたい

ニュース特集