メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カミツキガメ推定数減 集中捕獲、成果か 千葉・印旛沼と周辺河川

カミツキガメ=千葉県生物多様性センター提供

 千葉県の印旛沼と周辺の河川に生息し、生態系への悪影響や人に危害を及ぼす恐れがある特定外来生物「カミツキガメ」の推定生息数が2015年度をピークに減少に転じていたことが県生物多様性センターの調査で判明した。17年度から集中的に行った捕獲の成果で生息数が減少したとみられる。

 カミツキガメは、北米などが原産で、1990年代後半から印旛沼周辺で相次いで確認されるようになった。あごの力が強く、かみついて人に危害を及ぼしたり、在来種の生き物を食べて生態系に被害を及ぼしたりする恐れがある。

 県は、2007年度から捕獲を行っている。15年度には生息数を約1万6000匹と推定。これを減少させるために、17年度から3年間を「戦略集中実施期」と位置づけた。年間2500匹以上の捕獲目標を掲げ、餌で中に誘い込む網製の「もんどりワナ」を400基から1100基に増やすなど工夫を重ねた。

この記事は有料記事です。

残り280文字(全文664文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大都市部高止まり傾向 東京561人、大阪463人 全国最多更新 新型コロナ

  2. 「NEWS」メンバーがコロナ感染 加藤シゲアキさんと小山慶一郎さん

  3. アイスダンス転向の高橋 まさかのミス「これが試合」 フィギュアNHK杯

  4. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  5. 日本銀行が国内株の最大保有者に浮上 時価45兆円 GPIFを抜いたか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです