メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤井七段がタイトル奪取に挑戦 王位戦第1局始まる

将棋の第61期王位戦の第1局で初手を指す藤井聡太七段=愛知県豊橋市のホテルで1日午前(日本将棋連盟提供)

[PR]

 高校生棋士の藤井聡太七段(17)が木村一基王位(47)に挑戦する第61期王位戦七番勝負第1局が1日、愛知県豊橋市のホテルアークリッシュ豊橋で始まった。藤井は棋聖戦に続く二つ目のタイトル挑戦となり、最年少でのタイトル獲得を目指す。

将棋の第61期王位戦の第1局で木村一基王位(手前右)と対局する藤井聡太七段(同左)=愛知県豊橋市のホテルで1日午前(日本将棋連盟提供)

 前期、7回目の挑戦で悲願の初タイトル獲得を史上最年長(46歳3カ月)で果たした木村に現役最年少の藤井が挑む。藤井は棋聖戦五番勝負で渡辺明棋聖(36)に2連勝し、タイトル獲得まであと1勝と迫っている。王位、棋聖のどちらを奪取しても屋敷伸之九段(48)が持つ最年少タイトル獲得記録(18歳6カ月)を更新する。

 藤井は6月28日の棋聖戦第2局に続き、和服姿で対局に臨んでいる。1日午後6時に指しかけとなり、2日に指し継がれる。持ち時間は各8時間。藤井にとって初の2日制対局になる。【山村英樹】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 二階氏サイド、自民の「習主席来日中止」決議案に猛反発 「待った」の可能性も

  2. 鹿児島、新たに30人の感染確認 28人がクラスター発生の飲食店客

  3. 首相官邸ネット発信「中の人」は電通マン 前任者も 政権のSNS戦略と深いかかわり

  4. コロナ感染止まらぬ新宿・歌舞伎町 区長はすがる思いで大物ホストの携帯を鳴らした

  5. 「給付金、今すぐくれないなら死ぬ」 逮捕された男はなぜ窓口で騒いだのか 孤独と貧困と誤解と

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです