メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バブル並みの路線価上昇なのに…グリコ看板前は人影まばら 耐えるミナミ

路線価の上昇率が全国3位となった心斎橋筋。ただ、新型コロナウイルスの影響で観光客は激減している=大阪市中央区で2020年6月25日午後2時1分、望月亮一撮影

 国税庁は1日、相続税や贈与税の算定基準となる2020年分の路線価(1月1日時点)を公表した。全国の平均変動率は前年比プラス1・6%で5年連続の上昇。上げ幅は0・3ポイント拡大し、インバウンド(訪日外国人客)需要の増加や再開発を背景に、全国規模で上昇傾向が続いている。一方、新型コロナウイルスによる経済への深刻な打撃もあり、今後各地で地価が下落する可能性もある。

 都道府県別では21都道府県が上昇した。トップは沖縄県の10・5%で、西日本では大阪、京都、広島などが上昇した。下落した26県のうち、下落率は和歌山や福井などが最大でマイナス1・1%だったが、大半は前年より縮小した。

 都道府県庁所在地の最高路線価は38都市で上昇し、横ばいは8都市、下落は水戸市のみ。地点別の最高は東京・銀座の文具店「鳩居堂(きゅうきょどう)」前の1平方メートル当たり4592万円で35年連続日本一。大阪市北区の阪急百貨店うめだ本店前は2160万円で全国6位。近畿では37年連続1位になった。

 上昇率トップは、6年連続でスキーリゾート地の北海道・ニセコ地区の50・0%。大阪市中央区の戎橋(えびすばし)ビル前の心斎橋筋は44・6%で全国3位だった。

 今回の調査結果に新型コロナの影響は反映されていない。国税庁は、9月公表の基準地価(都道府県地価)の調査結果などを基に分析し、地価が20%程度下落した場合に減額修正などの措置を検討する。【稲垣淳、二村祐士朗】

 大阪市中央区の心斎橋筋は、路線価が1平方メートル当たり2152万円(前年比44・6%増)になり、ミナミではバブル期並みの上昇となった。大阪観光局によると、2019…

この記事は有料記事です。

残り772文字(全文1472文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

  2. 「情熱がある限り戦える」 キング・カズ、守勢の中チャンス演出 最年長記録更新

  3. 世界遺産の高野山参詣道に溝を掘った疑い 80代を書類送検 「1人で掘った」

  4. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  5. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです