メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

静かに川面照らす ちょうちん1200張り 大阪・ミナミで道頓堀川万灯祭

「ウイルスの終息祈願」と書かれたちょうちんが並べられた道頓堀川万灯祭=大阪市中央区で2020年7月1日午後8時49分、北村隆夫撮影

[PR]

 大阪・ミナミの道頓堀川を、ちょうちんの明かりで彩る「道頓堀川万灯祭」が1日、始まった。川沿いの遊歩道「とんぼりリバーウォーク」に並べられた約1200張りのちょうちんが川面を照らし、行き交う人の目を楽しませている。8月31日まで。

 祭りは1999年に始まり、今年は新型コロナウイルスの影響で開催が危ぶまれたが、近隣の13商店街でつくる「いっとこミナミ実行委員会」が、街を活気づけたいと実施を決めた。密集を避けるため、カウントダウンなどのイベントはせず、静かに明かりがともされた。一部のちょうちんには「ウイルスの終息祈願」「ミナミの回復祈願」などと願いが書かれている。

 点灯は午後7時から午前2時まで。実行委の担当者は「幻想的な光景を楽しみにミナミを訪れてほしい」と話す。【隈元悠太】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優・武田真治さんとモデル・静まなみさんが結婚

  2. 失業給付の増額を 困っている人を助けるのが政治の使命

  3. 探して!らき☆すたマンホール 合併10年、埼玉・久喜のどこかに設置

  4. 「党員獲得どころじゃない」 河井夫妻「1億5000万円」 自民総務会で不満噴出

  5. 香港住民に市民権、改めて表明 ジョンソン首相、英旅券保有者に 国家安全法

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです