真珠育むアコヤガイが289万個死ぬ 三重県「海水温上昇が原因」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
昨年も死んだアコヤガイが多数見つかった=三重県志摩市の英虞湾で2019年、林一茂撮影
昨年も死んだアコヤガイが多数見つかった=三重県志摩市の英虞湾で2019年、林一茂撮影

 全国有数の養殖真珠の産地、三重県志摩市の英虞(あご)湾で、真珠を育むアコヤガイが6月までに289万個死んだとの調査結果を1日、県が発表した。昨シーズンの209万個をしのぐ2年連続の被害で、養殖業者へのダメージが懸念される。

 調査は6月17~23日、県内269業者を対象に実施し、42%の114業者が…

この記事は有料記事です。

残り173文字(全文323文字)

あわせて読みたい

ニュース特集