教諭自殺で「安全配慮義務怠った」 北海道に2530万円の賠償命令 仙台地裁

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
仙台地裁
仙台地裁

 2015年に北海道立稚内高(稚内市)の男性教諭(当時34歳)が自殺したのは、先輩教諭によるパワハラなどで精神的に追い詰められたことが原因として、仙台市在住の両親が道に約7000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、仙台地裁は1日、道に約2530万円の支払いを命じた。中島基至裁判長は「先輩教諭からの度重なる注意で男性教諭がうつ状態になっていたのに、校長らが配慮義務を怠った」と述べた。

 判決によると、男性は13年度から同校(定時制)の英語教諭として勤務。15年4月に先輩教諭が担任を務めるクラスの副担任となったが、生徒の指導方法について繰り返し注意を受け、同6月にうつ病と診断された。同7月、先輩教諭から更に注意を受けた後に自殺した。

この記事は有料記事です。

残り880文字(全文1197文字)

あわせて読みたい

ニュース特集