メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 海を見たくなる時がある。東京の近郊なら相模湾を走る東海道線に乗る。海が近づく。陽光にきらめく夏が美しい。

 詩人の中桐雅夫に、このあたりを描写した作品「海」がある。

 <根府川(ねぶかわ)と真鶴(まなづる)の間の海の、あのすばらしい色を見ると、いつも僕は、生きていたのを嬉(うれ)しいと思う――>

 コロナ禍で、自粛が要請されていた都道府県間の移動が全面解除され、各地の観光地はにぎわいを取り戻しつつある。行きたい所へいつでも行ける。そんな自由のありがたみをこれほど感じたことはなかった。

この記事は有料記事です。

残り644文字(全文886文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日医会長「訪日外国人患者受け入れ、可能ではない」東京オリンピック開催に厳しい見方

  2. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

  3. 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 自民・石原伸晃元幹事長が新型コロナ感染 派閥領袖で初めて

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです