長柄「リソルの森」にスイスの村 新施設オープン 人の少ない自然アピール 新しい旅を提案 /千葉

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
新設されたグランピングエリア=千葉県長柄町で
新設されたグランピングエリア=千葉県長柄町で

 長柄町にある総合リゾート施設「リソルの森」に、スイスの村をイメージした「グランヴォー スパ ヴィレッジ」が1日オープンした。人の少ない自然の立地をアピールして「アフターコロナ」の新しい旅の形を提案していくという。

 新施設は、姉妹提携しているスイス・レマン湖畔のグランヴォー地区を思わせる雰囲気となっている。手ぶらでキャンプが楽しめる8張りの常設テントと、デッキを備えたグランピングエリアを設け、天然温泉のスパ施設も作…

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文523文字)

あわせて読みたい

注目の特集