メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

利用客から戸惑いも レジ袋有料化スタート /山梨

レジ袋を購入した利用客=山梨県富士川町で

 プラスチックごみの削減を目的にプラスチック製レジ袋の有料化を小売店に義務付ける制度が1日始まった。全国に先駆けスーパーなどで有料化に取り組む県内でもコンビニエンスストアや個人商店などで有料化が始まったが、利用客からは戸惑いの声が聞かれた。

 富士川町の「道の駅富士川」ではこの日から有料化したが、多くの客が買い物袋を持参したり、家にあるレジ袋を再利用したりしていた。1枚5円のレジ袋を購入した南アルプス市の飲食店経営、有泉克二さん(41)は「環境問題の解決のために有料化は必要だが、マイバッグを持つ習慣がなく、つい忘れてしまう。今後は持ち歩きたい」と話した。

 一方、中央市のコンビニで弁当と一緒にレジ袋を購入した男性会社員(35)は「ちょっと寄って買い物するためにマイバッグを持ち歩くのは面倒だ」と話した。

この記事は有料記事です。

残り372文字(全文725文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「#FreeAgnes」 日本からも周庭氏逮捕への抗議続々

  2. 家族で登山中に行方不明の小6男児を無事発見 新潟・上越

  3. 周庭氏を逮捕 民主活動家 国安法違反容疑で香港警察

  4. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  5. 家族で登山の小6男児が行方不明 新潟・上越で下山途中

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです