メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「ワンニャープロジェクト」制作 「時間」を見て 県美術館に白いキューブ出現 /岐阜

美術館屋外に設置されたキューブ作品「Light NOW-イマココ」。右壁面の穴から外の景色が暗室になった内部に映り込んで鑑賞できる=ワンニャープロジェクト提供

 県美術館(岐阜市)の屋外に真っ白なキューブ(立方体)が出現した。暗室の仕掛けになった内部で目が順応すると、青空や木々の緑、人の姿が天地左右逆転して浮かび上がる。「Light NOW―イマココ」と名付けられた現代美術作品だ。

 制作したのは、名古屋市在住の現代美術家、小島久弥さん(63)と江藤莅夏(りか)さんでつくる「ワンニャープロジェクト」。小島さんは写真の原理で投影像を得る「カメラ・オブスキュラ」を利用した作品を各地で発表している。

 イマココは約3メートル四方の暗室のキューブで、天井と北側の壁に穴が開いている。目が暗闇に慣れると、壁の穴から外の景色が逆さまに映し出され、直射日光の差し込む天井の穴を通して動く太陽の軌跡を体感できる。鑑賞時間は約10分。

この記事は有料記事です。

残り233文字(全文563文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 判決に涙を流した周庭氏 禁錮10月の実刑で初の収監、保釈申請も却下 香港

  2. 菅政権への打撃必至 吉川元農相の現金授受疑惑 野党「私物化政治の極み」と批判

  3. 決勝はホンダvsNTT東日本 ともに3回目の優勝目指し、3日対戦 都市対抗

  4. セガサミー「助っ人ルーキー」大内が躍動、充実感も 「来年は自チームで」 都市対抗

  5. 偽の「市長意見書」を離婚訴訟で証拠提出 容疑の福知山市職員逮捕 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです