メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中村文則の書斎のつぶやき

「ステイホーム」と言えず

中村文則さん=宮間俊樹撮影

 新型コロナウイルスの流行で緊急事態宣言が出されていた時、どうしても「ステイホーム」と言えなかった。

 内心では、今の時期はウイルスの流行を封じ込めるため「ステイホーム」、つまり皆が家にいて、活動は自粛するべきと思っていた。でも人々が自粛すれば、職業によっては生活できなくなる人たちが出てくる。もしそういった人たちが僕の読者だったらと考えた。「ステイホーム」という「正しい言葉」に、彼女ら、彼らが追いつめられてしまう恐れがあると思ったのだった。

 大学を卒業し、東京でフリーターをしていた頃、僕の月収は大体11万円ほどだった。当時、もしコロナのような流行があったらどうなっていたかを想像した。

この記事は有料記事です。

残り1236文字(全文1530文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宇都宮のコンビニで女性刺され重体 店員か

  2. 国は我々の死を待っているのか 「黒い雨」訴訟原告 怒りと落胆

  3. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  4. 宇都宮のコンビニで45歳刺され死亡 刺した男は自分も刺し負傷

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです