メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いなべ、宇賀渓キャンプ場を一新 北欧スタイルで幸福感を 官民提携、来年6月オープン目指す /三重

事務所などが入るセンターハウスのイメージ図=三重県いなべ市提供

 いなべ市は、デンマークのアウトドアメーカー「ノルディスク」などと提携し、市内の観光スポット「宇賀渓キャンプ場」(同市大安町石榑南)を北欧スタイルに一新する。2020年夏にも着工し、21年6月ごろのリニューアルオープンを目指す。

 宇賀渓キャンプ場は地元の観光協会が運営。竜ケ岳(標高1099メートル)のふもとに広がり、鈴鹿国定公園の雄大な自然に包まれている一方、ヒュッテやバンガローの老朽化が課題になっていた。

 市によると19年春、ノルディスクのオーナーらがキャンプ場を視察した際、宇賀渓の豊かな自然環境と、北欧の価値観「Hygge(ヒュッゲ)」(心地良い時間と空間を体験して得られる幸福感などの意味)が呼応すると評価されたという。

この記事は有料記事です。

残り369文字(全文685文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  2. “アベノマスク”大きくなった? 記者の質問に首相は…

  3. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  4. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

  5. 国内の感染者、4万人超える 東京で新たに258人 大都市中心に拡大続く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです