メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

最高路線価 16地点で10%以上上昇 下落地点はなし /大阪

37年連続で近畿の最高路線価になった大阪市北区の阪急百貨店うめだ本店前=大阪市北区角田町で、稲垣淳撮影

 国税庁が1日公表した2020年分の路線価で、府内の平均は前年比2・5%増と7年連続で上昇した。府内31税務署別の最高路線価では、16地点で10%以上上昇し、横ばいは3地点。下落地点はなかった。路線価の評価時点は1月1日で、今回の評価に新型コロナウイルス感染症の影響は入っておらず、東京五輪を前にしたインバウンド需要への期待など景況感の良さが背景にあるとみられる。【稲垣淳】

 府内の最高路線価は、大阪市北区角田町の阪急百貨店うめだ本店前の御堂筋で、1平方メートルあたり2160万円(前年比35・0%増)。37年連続で近畿2府4県でトップで、全国でも6位だった。

この記事は有料記事です。

残り1743文字(全文2023文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪で新たに151人コロナ感染 重症者は70人で過去最多

  2. 渡辺が初の名人位奪取 4勝2敗で豊島降す 現役最多の3冠に

  3. 首相あいさつ93%一致 広島と長崎、過去例とも類似 被爆者「ばかにしている」

  4. 飲食店でクラスター 神戸で初 県内新規感染は48人 /兵庫

  5. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです