メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

龍田古道、日本遺産に 心臓部「亀の瀬」の歴史評価 三郷町と大阪・柏原市が申請 /奈良

古くから道中の安全が祈願されてきた龍田大社の拝殿=奈良県三郷町提供

 今年度の日本遺産に選ばれた「もう、すべらせない!!~龍田古道の心臓部『亀の瀬』を超えてゆけ~」は、三郷町と大阪府柏原市が文化庁に申請し、2度目の挑戦で悲願の認定を勝ち取った。地滑りという自然の脅威と長年向き合ってきた歴史のストーリー性が高く評価された。【加藤佑輔】

 町教委によると、奈良・大阪両府県にまたがる龍田古道は、聖徳太子が整備に携わったと伝わり、難波宮(なにわのみや)と平城京や法隆寺などを結ぶ道として利用された。府県境に位置する「亀の瀬」は、奈良盆地の水を一手に集める渓谷地帯で、古来から都の西の玄関口として経済や治水を支えてきた。一方で、約4万年…

この記事は有料記事です。

残り422文字(全文702文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「#FreeAgnes」 日本からも周庭氏逮捕への抗議続々

  2. 家族で登山中に行方不明の小6男児を無事発見 新潟・上越

  3. 周庭氏を逮捕 民主活動家 国安法違反容疑で香港警察

  4. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  5. 首相あいさつ93%一致 広島と長崎、過去例とも類似 被爆者「ばかにしている」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです