メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 農家のネット販売応援 橋本市、手数料を補助 /和歌山

[PR]

 橋本市内の農家や農業関係の事業主の販路拡大を支援しようと、同市はインターネットのショッピングサイトで農産物を販売した際にかかる販売手数料を補助することを決めた。期間は12月末まで。

 新型コロナウイルスの影響で農産物などの販売が落ち込んでいることから、販路の開拓や定着につながるようにと補助金を新設した。対象は、市内在住の農家や市内に本店か主たる事業所がある農業関係の法人。

 アマゾンなどのオンラインショッピングサイトに登録して、農作物や加工品を販売した際、サイト側に取られる販売手数料を100%補助する。上限は10万円。

 補助を受けるためには事前申請が必要。市農林振興課によると、6月30日現在で柿栽培などの農家10人から既に申し込みがあった。同課ではオンライン販売についての相談にも応じるとしている。問い合わせは、同課(0736・33・6113)。【藤原弘】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 注目の裁判・話題の会見 社会に出て半年、「これから」だった25歳女性 座間9人殺害 11月10、11日公判詳報

  2. 白石被告、自白の理由は「部屋に証拠が残り観念」 座間9人殺害公判 被告人質問

  3. 注目裁判・話題の会見 名前すら聞かれなかった女子高生 座間9人殺害・11月2日公判詳報

  4. アート作品? 米ユタ州の砂漠で謎の金属柱発見 臆測が飛び交う

  5. 注目裁判・話題の会見 「保健室の先生に…」夢絶たれた女子高生 座間9人殺害10月28、29日公判詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです