メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

香港国安法適用、9人逮捕 大規模デモ、300人拘束

機動隊に拘束された大勢のデモ参加者たち=香港・銅鑼湾で1日午後4時12分、福岡静哉撮影

 香港政府は6月30日午後11時(日本時間1日午前0時)、香港の統制を強化する「香港国家安全維持法」(国安法)を公布、施行した。今後は中国政府の政策に反対する言動を幅広く取り締まることが可能になる。最高刑は終身刑。「重大な事態」などに限って、中央政府が香港に新設する治安維持機関が直接強制捜査などにあたり、中国側で裁判や刑の執行などの刑事手続きが可能になる仕組みだ。香港は中国の治安維持体制に事実上、組み込まれる形となった。

 1日午後、香港では大規模な抗議デモが呼びかけられ、警察は催涙弾なども使用して対応。同日夜時点で300人以上を拘束し、このうち9人は国安法違反容疑で逮捕された。

この記事は有料記事です。

残り722文字(全文1014文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 紅白、星野源さんら5組は生でなく事前収録 NHK「演出上の都合」

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです