メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木語

香港弾圧と「小粉紅」=坂東賢治

 <moku-go>

 「人肉捜索」。字面を見るとドキッとするが、ネットで個人情報を集めて公開するという意味の中国語だ。日本でいえば「さらし行為」に当たるだろう。新型コロナウイルスの流行の最中、中国で社会の分断を象徴するような「人肉捜索」が繰り広げられ、論議を呼んだ。

 対象となったのは60歳前後でリベラルな考えを持つ文化人ばかりだ。封鎖中の湖北省武漢でブログ上に連日、「日記」を発表して注目された女性作家、方方さんを擁護したことで狙われた。

 方方さん自身、リベラルな知識人の一人だ。「日記」にも情報を隠蔽(いんぺい)した地方政府への批判などを率直に書き込んだ。だが、米国やドイツでの出版が決まったことで、中国では「左派」と呼ばれる民族派から欧米の中国批判に利用されると集中砲火を浴びたのだ。

この記事は有料記事です。

残り703文字(全文1048文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約から見えてきたこととは

  3. 「大変申し訳なく思う」 首相、与党議員の銀座クラブ訪問を謝罪

  4. 女児へのわいせつ容疑で再逮捕 東京・豊島の女性殺害被告

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです