メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

新型コロナ 乗り切った第1波 奏功要因、早期に検証を=阿部亮介(くらし医療部)

39県での緊急事態宣言解除に伴い記者会見に臨む安倍晋三首相(右)。左は政府の基本的対処方針等諮問委員会会長で、専門家会議副座長の尾身茂氏=首相官邸で5月14日、竹内幹撮影

 新型コロナウイルス感染症で政府が社会・経済活動を制限する緊急事態宣言を解除して1カ月が経過した。新たな感染者は今も確認されているが、欧米より少ない死者数をみれば、何とか「第1波」を乗り切ったというのが大方の見方ではないか。しかし、どのような要因や対策が功を奏し、逆に効果がなかったのは何か。懸念される「第2波」に備え、政府に科学的見地に基づく検証を改めて求めたい。

この記事は有料記事です。

残り1692文字(全文1875文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 松本潤「嵐という船を一度降りて」大河主演決意までの葛藤 オファー一度は保留[コメント全文]

  2. マスク拒否し緊急着陸させた大学職員逮捕 威力業務妨害などの疑い 大阪府警

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  5. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです