メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

島田慎二さん=バスケットボール男子Bリーグの新チェアマン

島田慎二(しまだ・しんじ)さん(49)

 Bリーグ・千葉ジェッツの社長時代、チームを人気、実力ともトップに押し上げた手腕を買われ、新型コロナウイルスで窮地に陥った男子プロバスケットボール界のかじ取りを託された。「難儀な時こそ受けたほうがいい。喜んで火中の栗を拾う」

 性格は猪突(ちょとつ)猛進型だ。実業家志向で大学卒業後に就職した旅行会社を3年で退職し、25歳で知人とともに独立。だが、2001年に米同時多発テロの影響で客足が激減したこともあって再び会社を辞めた。約2カ月で別の旅行会社を設立したが、リーマン・ショックなどもあり、10年に会社を売却した。

 その後、世界中を旅する生活を送っていたが、40歳を過ぎた頃、当時のプロバスケットボール、bjリーグ参戦を目指していた千葉の運営の手助けを求められ、12年に社長に就任した。

この記事は有料記事です。

残り368文字(全文730文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  3. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  4. 1.17生まれの前頭・照強「この日に相撲を取ることが責任」阪神大震災26年

  5. コロナで変わる世界 偽情報の規制が情報統制に デジタル世界の専門家が警告する「不安の増幅」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです