メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

感染症と闘う

科学者の見方/2 連帯や思いやりが抑制の鍵=国際医療福祉大・和田耕治教授

国際医療福祉大の和田耕治教授

 政府の新型コロナウイルス対策に助言してきた科学者はウイルスとどう向き合ってきたのか。連載2回目は厚生労働省クラスター対策班(現・疫学データ班)のメンバーで政府の対策作りにも関わった和田耕治・国際医療福祉大学教授に聞いた。

 ●「3密+α」発信

 ――和田さんは、厚労省のクラスター対策班のメンバーですが、同班での役割は。

 東北大学の押谷仁先生や北海道大学の西浦博先生から「クラスター班ができる」と声をかけられ、すぐに参画しました。クラスター対策班ではまず、それまでに分かっていることと分かっていないことを整理しました。また、厚労省の力を借りて、自治体とコンタクトをとることができました。報道発表資料よりも詳しい情報を早く得ることができ、リスクの高い場所などが特定されました。

この記事は有料記事です。

残り1298文字(全文1634文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天皇陛下、「深い反省の上に立ち」不戦の決意を表明 全国戦没者追悼式

  2. 天然アユ食べて健康な目に 病気予防の色素豊富 岐阜薬科大グループ発表

  3. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  4. 本当に「倍返し」ある? 銀行員たちに聞いたドラマ「半沢直樹」の虚と実<前>

  5. 俳優の渡哲也さん死去 78歳 ドラマ「西部警察」 「くちなしの花」ヒット 石原プロ前社長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです