特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

新型コロナ 「コロナ疑わず検査遅れ」 集団感染、永寿病院が謝罪

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見する永寿総合病院の湯浅祐二院長=東京都千代田区の日本記者クラブで1日
記者会見する永寿総合病院の湯浅祐二院長=東京都千代田区の日本記者クラブで1日

 新型コロナウイルスによる感染症で国内最大のクラスター(感染者集団)が発生し、入院患者43人が亡くなった永寿総合病院(東京都台東区)の湯浅祐二院長(68)が1日、都内の日本記者クラブで記者会見し、これまでの対応について謝罪した。また、集団感染の起点となった可能性のある患者を当初、誤嚥(ごえん)による肺炎と診断し、対応が遅れたと説明した。感染判明後、湯浅院長による会見は初めて。

 湯浅院長は会見で、新型コロナを疑うタイミングが遅れたことが感染拡大の一因とした。この患者は3月5日から発熱の症状が出ていたが、唾液などが気管に入る誤嚥性肺炎によるものと判断されたためPCR検査が実施されたのは、発熱から2週間以上経過した後だったという。湯浅院長は「発熱や肺炎を起こす患者は珍しくないが、新型コロナの患者を常に想定しなければならない。当時こうした認識が十分浸透していなかった」と述べた…

この記事は有料記事です。

残り218文字(全文607文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集