新型コロナ 高校生就活、休校の影 授業過密、準備に不安

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 来春卒業する高校生を採用したい企業から学校への求人申し込みが1日解禁され、3年生の就職活動がスタートした。10月16日に始まる採用選考に向けて企業訪問などを重ね就職先を絞っていくが、2020年は新型コロナウイルス感染対策による休校の長期化や夏休みの短縮で準備時間が不足。感染拡大防止で資格試験が相次ぎ中止された影響で、就職のために予定していた資格を取得できなくなった生徒もいる。【山崎あずさ】

 「通常なら今の時期には生徒を本気にさせていないといけないが、それができていない」。3年生の約2割に当たる約130人が就職を希望している福岡工大城東高(福岡市東区)の進路指導主事、清野潤二教諭(54)は現状への不安を語る。6月1日から授業は再開したが、例年4月から5月にかけて実施する進路指導や就職ガイダンスが大幅に遅れ、6月中に実施予定だった就職模試も7月にずれ込んだ。

この記事は有料記事です。

残り1081文字(全文1464文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集